スタッフブログ

現場の様子|地震・台風に備えた自然を愉しむ平屋-福岡県筑紫野市-

2021/09/30(木) 家づくりのこと

外観

福岡県筑紫野市に建築中のM様邸の現場へ!

天井

玄関ホールから奥の部屋への廊下の天井は当社厳選のスギ化粧板で、あまり節の無い材を選び施工完了!
美しさが際立っていますね!

下地材

部屋の間仕切り壁の構造は、左右に120角柱、斜めの材は片スジカイ(45×105ミリ)、間柱は30×90ミリを450ピッチ。
そこへ横胴縁15×60ミリを300ミリピッチで表と裏側にダブルに。

大工棟梁が現場に合わせて手間暇かけて組み上げ、強度耐久性のある施工を実施しています!

一般的に短期間での住まいはこの横胴縁が入って無い家が多々ありますよ!

プロ集団

現場責任者と棟梁が納めについて協議中!

手造りのオーダーな住まい造りは、各施工のプロ集団でなければなりませんね!

玄関カマチ

玄関カマチ。長さ約2メートル×厚み150×幅約250〜300以上の取り付け位置打ち合わせ中!
特殊な加工を施したカマチ材を匠の技で納めます!完成が楽しみですね♪

杉厚床板

スギ浮造り厚板床材30ミリを約160枚使い、床張り!
床材30ミリをこれだけ使えば、完成時の香りや空気感は格段に違いますよね!

棟梁施工大変ですが、よろしくお願いします!

記事一覧|2021年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ