建て方に向けて|森に住んでいるような帰りたくなる平屋の家-福岡県大野城市-

建て方に向けて、工場では構造材の加工や積み込みなどが行われています!

大黒柱

こちらは、お客様ご家族に選んでいただいた大黒柱の加工研磨中の様子。
右側が研磨前、左側が研磨後です。
表情が少しずつ変わってきていますね!

大梁材

リビングにおさまる大梁材も切り込み加工が完了しています。

大梁材

手刻み加工

主要構造材を棟梁が丁寧に手刻み加工していきます。

構造材

柱材は小屋束柱も含めると約100本近くの数量になりました!
柱材も120ミリ角の骨太なので土台と梁材差し込み凹凸も骨太だから大地震や台風時の強風にも安心ですよ♪

180角

上は一般住宅の柱として使用されることもある105mm角柱、下はリビングにおさめる180mm角柱。比べてみると太さが全然違います!
地震の横揺れにも耐えられるよう、主要箇所には骨太柱を配置しています。

根太

床木組みの根太材積み込み!
こちらも骨太の45×60ミリ使用!

ヒノキ土台

基礎の土台に使用する桧材も年輪が密で赤身の強い材を厳選しています。桧材も杉材も赤身部分は湿気や雑菌(カビ)に強く耐久性が違います!

束柱

完成したら見えなくなる小屋組の束柱も120角材!

積み込み

床下の重要なコーナーに使用する火打ち材には105角材を使用します!

積み込み

このトラックで今週16〜17日と、あと2回構造材を積み込んで建築現場運搬予定です♪
いよいよ今週始めからオーナー様思い入れのお住まいの土台・大引組上げ〜建て方が始まりますよ!

 

こちらのお住まいでは、お客様のご厚意により 2月11日(土)・12日(日)の2日間限定で「平屋」構造見学会を開催させていただきます!

構造見学会の開催は、6カ月ぶりの開催となります。
ご興味のある方は、この機会にぜひ一度ご覧ください☆

イベントの詳細はこちら

 


フォトギャラリー 資料請求 お住まい無料相談

1ページ (全40ページ中)