我が家の大黒柱&切込加工

オーナー様に、住まいに使用する主要構造材用の原木丸太を
製材加工するところを見に来ていただきました! !



ご夫婦と一緒に写っている杉丸太は、
直径約300mmあり、
それを、210mm(7寸)角柱に製材!



ちなみに、この杉材は
樹齢約80年アヤスギ系
淡いピンク色が特徴です!


 




  我が家の大黒柱 



3本の大黒柱候補から、この丸太材に決定!
樹齢約300年生アオスギ系
 H様のご期待に沿えるよう、精一杯頑張ってまいります!




H様に選んで頂いた大黒柱を早速、磨いていき、
棟梁の匠の技で仕口等加工されていきました。



写真の材は、LDKの主要柱に使用する
一般住宅に使用する柱=105_角の4本分ある210_(7寸)角の骨太柱=3本

 

(写真左)当社の貯木場にてじっくり熟成輪組み工法®自然乾燥させた丸太より選別して製材した製品!
(写真右)一階天井の梁材の見える部分は、再度化粧仕上げのために、ペーパーで仕上げ!

 

建て方前の工場、H様のお住まいに使用する構造材の一部
たくさんの木々が、今か今かと住まいに納まる日を楽しみにしているようです(*^_^*)


基礎工事へ   表紙へ   建て方へ